ラミクタール画像

Archives for : 8月2015

喘息の強直間代発作

喘息の強直間代発作は突然発症して、自然睡眠とも呼ばれている30分から1時間程度の睡眠をすることがあるのですが、その後は普通の生活に戻ることのできる発作です。ラミクタールはてんかん発作を予防するための薬で、部分発作などもさまざまな種類のてんかん発作に効果のある薬です。ラミクタールという薬はてんかん発作の他にもうつ病などで処方されることがある薬で、口の中で溶けるので水無しでも飲むことができます。前兆現象としては意識障害などがあるのですが、本人はその症状がてんかんの前兆であることを意識することが非常に難しいので、ラミクタールを服用して、発作が起きないように予防しておくことが社会生活を送る上で大切なことです。

もし前兆現象がわかることがあれば、車の運転中などに意識を失ってしまって、多くの犠牲者を生むような事故が起きるはずもないので、前兆を意識していても実際は急激に意識が薄れていくのでほとんど意味がありません。そのため予防する薬を必ず飲んで仕事や車の運転をすることが重要で、そうすることによって、前兆などに頼らなくても社会生活をしっかりと送ることができます。

ラミクタールは部分発作だけではなく、さまざまなタイプのてんかんに有効な薬なので、この薬を飲んでも効果が不十分である場合には量を増やすなどして調整することがあります。てんかん治療の基本は維持治療なので、予防のための薬を欠かさずに飲んで、社会生活を送る必要があります。これを怠ってしまうと大きな事故などを起こしてしまって取り返しのつかない事態に陥ることがあります。

てんかんという病気はラミクタールで予防することができるのですが、この薬は眠気を誘発するので車の運転はなるべく避けることが必要になります。