ラミクタール画像

強直間代発作の予防策

てんかん発作には、神経の異常な興奮が脳の一部からわきおこる部分発作、脳全体で興奮状態となってしまう全般発作の2つのタイプがあります。そのなかの全般発作として代表的なものに、強直間代発作とよばれるものがあります。
強直間代発作は、突然に意識が飛び、手足の筋肉が硬直して動かなくなる状態があった後で、自転車でも漕ぐような手足のリズミカルなけいれんが起きるというのが特徴のてんかん発作です。発作そのものは1分程度のことがありますが、その後に自然に眠り込んでしまい、30分から60分ほどはそのままの状態となってしまいますので、事故やケガにはかなりの注意が必要となります。
こうしたてんかん発作には、本人に起きそうだという前兆がわかる場合がありますので、前兆をうまくとらえることが、事故防止のためにも重要です。異常な脳波が生じる部位などによって、この前兆はまったく異なるため、基本的には患者個人ごとに違ったものとなります。一般的には、体温が変化したり手足に電気が走ったりする、理由もなく不安やパニックを感じる、異臭がしたり異音がしたりする、といったものが多いようです。
また、てんかん発作の予防策として、抗てんかん薬を服用することも効果的です。抗てんかん薬としては、例えばラミクタールのようなものがあります。ラミクタールは単独で用いることも、他の医薬品との併用とすることもあり、投与の回数や量などがそれぞれ異なります。ただし、はじめは少ない量から服用し、しだいに量を多くするという服用方法は共通しており、かならず医師の指導のもとで、決められた用法・用量を守りつつ、ラミクタールを継続的に服用することが大切となります。